挿し木のテクニック|アジサイの基本を網羅【育て方を把握して美しい花を咲かせる】
アジサイ育成ナビ

アジサイを挿し木で増やす【必要な道具と手順を要チェック!】

挿し木のテクニック

女性

挿し木に適した時期

アジサイの挿し木にうってつけの時期なのが、開花時期の5月から7月、9月あたりです。この時期は、日照時間が長いのは勿論ですが雨量も多めなので適度な湿度を保てるからです。また、その他の時期では休眠期の3月あたりを狙ってやるのもアリですが、品種によっては根を張りにくいものがあるので根気が必要です。

必要な道具を揃える

上手く挿し木を行なうには「挿し床」と呼ばれる平たい駄温鉢なら通気性が良いのでおすすめです。また、土は鹿沼土やパーライト、パーミキュライト、ピートモスなどを用いるのが良いでしょう。ただし、土はブレンドするのではなく、単体で使うのが望ましいです。発根しにくいと感じたら、発酵促進剤を使用するのも有効です。

必要な手順を踏まえる

まず、伸びた枝の中で花芽のない穂を用意し、15cm以上20cm未満の長さに切り、一節目の葉は半分程に二節目の葉は全部取ってください。この際、土に挿す部分は給水性を良くするために斜めに切るのが望ましいです。その後、水が入った器に穂を1時間ほど挿しこんだ後、鉢に入れた土に穂を斜めに挿します。事前に割り箸みたいな細い棒で斜めに開けておくと楽ですよ。

土に挿した後の管理方法

上記の手順を踏まえた後の育て方は、明るい日陰に鉢をおいておくこと。あとは、水分を絶やさないよう適度に水を与えてください。早くて2週間程、長くて一か月ほどで発根をします。しっかり根を張ったら、5号程の大きさの鉢に上げて上げましょう。鉢上げした後は徐々に日当たりの良い場所に移しながら育ててください。

品種によっては増やしてはいけないものもある

ちなみに、アジサイは品種によっては増やしてはいけないことになっているのはご存知でしょうか。品種登録されているものが対象となるので、育てる前に、購入先へ確認してから挿し木をしましょう。

上手く挿し木を行なうポイントを把握

手順とその後の育て方を把握すれば、挿し木でアジサイの花を上手く増やせます。必要な道具や手順、育てるのにうってつけの環境を見つけ出し、万全の状態が整った頃合いで挿し木にチャレンジしましょう。

アジサイの育て方はまだまだある!

ガーデニング

アジサイの周期を知る

アジサイには開花時期がありますが、その他の時期にも育て方に気をつければ、毎年鮮やかな色合いの花を咲かせてくれます。時期に適した手入れ方法とは一体何なのでしょうか。

READ MORE
女性

挿し木のテクニック

アジサイは、挿し木によって株を増やせる植物です。ただし、正しい方法を踏まえて挿し木をしなければ健全に根を張ってくれません。失敗せず挿し木を成功させるにはどんな手順を踏まえれば良いのでしょうか。

READ MORE
紫陽花

育てる環境を考慮

繊細な植物であるアジサイは、育て方によっては花や葉が萎れてしまいます。健全に育てるために、アジサイに適した環境を用意していますか。毎年きれいな花を咲かせるために、正しい育て方や環境の準備をするようにしましょう。

READ MORE
あじさい

根腐れを断固阻止

株・茎・葉・花だけでなく、土中の根も成長を続けています。アジサイの基本的な育て方も大切ですが、根腐れを引き起こした場合の対処法も頭に入れておくのも良いです。万が一、根腐れを引き起こしても、健全な状態に戻せる可能性が高まります。

READ MORE
広告募集中