育てる環境を考慮|アジサイの基本を網羅【育て方を把握して美しい花を咲かせる】
アジサイ育成ナビ

アジサイの特性を要チェック【失敗しないための育て方メソッド】

育てる環境を考慮

紫陽花

与える水の量が少ないと萎れる

アジサイの育て方は、たっぷり水を与えるのが基本ですが、人によっては他の観葉植物と同じ要領で水を与えてしまいがち、必要な水分量に到達していないばかりに、萎れてしまうケースがあるので、与える水分量は注意が必要です。

水をたっぷり与えすぎるのも逆にNG!

たっぷりめの水を与えれば良いとはいえ、頻繁にたくさんの水を与えるのもNG!土中に水が入りすぎて、逆に根が呼吸できなくなります。呼吸困難に陥ることで、根腐れの症状を引き起こしてしまい満足に土中の養分を吸収できなくなります。

直射日光を当てていませんか?

アジサイは、直射日光に弱いタイプの植物です。直射日光が当たる場所に鉢を設置すると、日光の影響で花や葉が日焼けを起こしやすくなるのは勿論、水分が蒸発しやすくなり、萎れてしまいやすいので、置く場所にも注意してください。

適切な水を与える量と回数を要チェック!

アジサイへの水やりは、日陰や雨天時は1日1回程、開花時期なら1日2回程で、土が乾いた頃合いがベストです。あと、一般の植物を育てるみたいに鉢下に水の受け皿を敷くと、溜まった水の影響で土が常に湿っている状態を作ってしまい、アジサイに良い環境ではなくなるので注意してください。

風通しの良い明るい日陰を見つけるのも大切

アジサイを健康的に育てるなら、燦々と日光が降り注ぐ場所ではなく、風通しが良くて明るい日陰箇所にアジサイの鉢を設置すれば、健全に成長してくれます。日焼け防止、水分不足からアジサイを守るために、家の敷地内で適切な環境を見つけてあげてください。

アジサイの育て方はまだまだある!

ガーデニング

アジサイの周期を知る

アジサイには開花時期がありますが、その他の時期にも育て方に気をつければ、毎年鮮やかな色合いの花を咲かせてくれます。時期に適した手入れ方法とは一体何なのでしょうか。

READ MORE
女性

挿し木のテクニック

アジサイは、挿し木によって株を増やせる植物です。ただし、正しい方法を踏まえて挿し木をしなければ健全に根を張ってくれません。失敗せず挿し木を成功させるにはどんな手順を踏まえれば良いのでしょうか。

READ MORE
紫陽花

育てる環境を考慮

繊細な植物であるアジサイは、育て方によっては花や葉が萎れてしまいます。健全に育てるために、アジサイに適した環境を用意していますか。毎年きれいな花を咲かせるために、正しい育て方や環境の準備をするようにしましょう。

READ MORE
あじさい

根腐れを断固阻止

株・茎・葉・花だけでなく、土中の根も成長を続けています。アジサイの基本的な育て方も大切ですが、根腐れを引き起こした場合の対処法も頭に入れておくのも良いです。万が一、根腐れを引き起こしても、健全な状態に戻せる可能性が高まります。

READ MORE
広告募集中